BLOG ブログ

お知らせ

理想はカリフォルニアスタイル!家を西海岸風にするには?

カリフォルニアスタイルの家は、開放感のあるお洒落な雰囲気で性別・年齢問わず大人気。真似してみたいと思う方も多いのではないでしょうか。実際に自身の家を理想像に近づけるには、漠然としたイメージを持つだけでなく、外観や内装、そして細かいインテリア小物に至るまで、事前にどういったものにすればいいのかプランを立てる必要があります。

全面的にリフォーム、リノベーションするとなると大々的な工事が必要になるケースもあるため、まずは先に自身のなかで抽象化されている部分を具体化するために、カリフォルニアスタイル、西海岸風の部屋を印象づける要素についてインプットしておきましょう。外観を変更するのはなかなか難しいため、当記事では特にインテリアに特化してご紹介します。

目次

カリフォルニアスタイルの家といえば

カリフォルニアスタイルを構築するということは、アメリカ西海岸風のリゾートテイストを意識した空間づくりをするということです。つまり、ビーチエリアの家のように開放感にあふれ、海辺ならではのリラックスできるチルな雰囲気が必須。実際、同様のテイストを「西海岸スタイル」や「ビーチスタイル」と呼ぶこともあります。

まずはやはり、海や空を想起させるような青や白を基調に、ヴィンテージ感のあるアイテムをコーディネートさせることがポイントでしょう。ラフでナチュラルな印象も演出したいので、生成りの色を取り入れたり、床や壁など面積の大きい部分に無垢材を用いたりするのも効果的です。

がらりと変化させたいという場合は、思いきって吹き抜けを作ったり、部屋同士の仕切りを取っ払って地続きにしたり、とにかく広々とした空間を作ることができれば、さらに理想に近づくことができるのではないでしょうか。

インテリアにはサーフボードやユーズド感のある小物を用意すると、より雰囲気に一貫性が出せるでしょう。また、観葉植物を取り入れると、部屋の中からちょっとした自然が望め、奥行きが感じられるようになりそうです。

具体的にカリフォルニアスタイルにイメチェンするには

アメリカ西海岸ではサーフィンはもとより、スケートボードやデニムなど、ストリートカルチャーが根づいています。先ほど「リゾートテイスト」と言及しましたが、ひとくちにリゾートといっても、そこには洗練されたラグジュアリーなものからリラクシーにいざなうカジュアルなものまで幅広いですよね。カリフォルニアスタイルは後者のような、肩の力の抜けたラフな雰囲気を指します。

ウッド素材が相性ぴったり

リラックスできる空間にナチュラルテイストは欠かせません。できる限りウッド素材のものを利用するようにしましょう。特にツヤ加工を施したものではなく、素朴な質感をもった、場合によっては使いこまれた古材を選ぶことで味のある雰囲気を演出できます。

DIY好きな方であれば、ご自身でペイントしたり、やすりをかけて整えたりすることで、潮風にさらされたシャビーな風合いを引き出すのもおすすめ。

ラスティックなウッド素材であれば、床と壁を統一させても圧迫感はあまり出ないと思いますが、アクセントをつけたいということであればレンガを使うのもいいかもしれません。色はホワイト系を選ぶと、ほどよく存在感を引き出してくれそうです。

このとき、またすぐに部屋の雰囲気を変えたいといった場合や賃貸の場合は、木目調、レンガ調の壁紙を貼るだけでも雰囲気は変わりますよ。貼るのも剥がすのも簡単な仕様のものも増えているので、気分が変わっても跡を残さずに貼り替えることができそうです。

青×白が定番

繰り返しになりますが、カリフォルニアといえば、やはりどこまでも続く青空と海。それらを彷彿とさせる青×白をメインに色選びをすることがポイントです。先ほど挙げたウッド素材とも相性のいいカラーなので、比較的コーディネートも迷わずにすむのではないでしょうか。

青色の幅は広いですが、デニムを意識させるインディゴや少しレトロなターコイズなどはより部屋に合わせやすいかもしれません。たとえばカーテンやラグなど、部屋の中でも特に面積の大きい部分に取り入れると、それだけでイメージはぐっと変わります。

また、部屋が殺風景だという場合はアートパネルなどを壁面に飾ってみてはいかがでしょうか。海を感じさせる写真や絵などもよいでしょう。あまり多く並べると野暮ったくなってしまうので、部屋のバランスを見ながら配置を考えてみてください。

照明は素材と形にこだわる

部屋の中で占める面積は大きくないけれど、決しておろそかにできないのが照明。ふとしたときに存在感を放ち、部屋を印象づけるポイントになります。

照明が特に機能するのは、やはり日が暮れてから。繰り返しになりますが、カリフォルニアスタイルにするなら海の要素が欠かせません。晴れの日の太陽が昇っているときだけでなく、夜になってもビーチの爽やかなムードが得られる素材や形を選びたいですね。

たとえば流木。人の手を加えずに形作られたそれは、まさしくナチュラルでラフな西海岸風のお洒落な雰囲気にぴったりです。流木を使ったペンダントライトなどはセレクトショップなどでも探せますが、お気に入りの木と出合ってしまった場合はDIYしてみるのもいいかもしれません。世界に一つだけのインテリアなんて、長く愛用したくなりそうですね。

また、ガラス素材もいいでしょう。光に当たってキラキラ輝くのは、さながら太陽に呼応してきらめく波のようです。あえていびつな形のシェードを選ぶと、天井や壁に映る影も水面のように掴みどころのないシルエットになり、より雰囲気を強く演出してくれるのではないでしょうか。

あるいは天井が高い部屋の場合は、シーリングファンもおすすめです。リゾートライクに見せてくれるので、ビーチエリアのカフェなどを彷彿とさせてくれるでしょう。夏や冬はファンを活用することで冷暖房の効率を高められ、省エネやエコの側面でも大きなメリットを期待できそうです。

都会でも田舎でも海辺に「帰れる」カリフォルニアスタイルの家

カリフォルニアスタイルの家は、さまざま存在するテイストの中でも特に人気のひとつです。西海岸の海沿いの開放感、そしてアメリカンカジュアルなムードから漂うラフな存在感、それに爽やかな印象や、無理に人の手を加えていないナチュラルなリラックス要素は、もはや日本においてもひとつのジャンルとして確立されており、その特徴的なマリンライトやカバードポーチ(カリフォルニアスタイルの家が登場する映画などでよく見られる、屋根に覆われたポーチのこと)、部屋と庭をつなぐウッドデッキなどが作れなくても、内装だけでも近づけることは可能です。

たとえ一人暮らしの小さな家だとしても、配色や素材にこだわるだけで印象は変わるのではないでしょうか。先述しましたが、最近は壁紙シートの種類も豊富で、気軽にイメージチェンジを図れるので、まずはそこから始めてみてもいいかもしれません。

家はいつだって帰る場所なので、どこかに遠出したあとも、具合が悪くて出られないときも、自身が心落ち着くスペースである必要があります。仕事でミスして落ち込んだ日、家族旅行から戻ったばかりで幸せな疲労感が体に残っている日、古くからの友人を呼んで久しぶりに飲み明かす日、暮らしのなかにはさまざまな状況、気分があると思いますが、家に帰れば、家で過ごせば、リラックスしできるというのは大前提にしたいところです。

そのためには、やはり自身の好きなものを投影させること。環境や予算など、100%理想像を実現させるのは難しい場合もあると思いますが、無理のない範囲でできる限り近づけることで、家にいる時間がもっと魅力的になるでしょう。また、そうして工夫している時間もきっと楽しいのではないでしょうか。

SHARE

ブログ一覧