BLOG ブログ

お知らせ

リフォームとリノベーションの違いは?リメイクについても解説!

自宅を改変したいと考えたとき、あるいは住宅に関するなにかしらの情報を集めていると、「リフォーム」や「リノベーション」という言葉を聞く機会があるのではないでしょうか。

どちらもよく見聞きする言葉だと思いますが、2つの違いについてはご存じですか?現状、その使い分けは極めて曖昧で、実は明確に定義されていないともいわれていますが、それでも実際にそれらが使われるシチュエーションなど具体的に異なるニュアンスを示すことはできるでしょう。当記事では、リフォームとはなにを指すのか、また、リノベーションとはなにを指すのか、そしてそれらの違いについてくわしく触れていきたいと思います。

目次

リフォームとは

「リフォーム」という言葉はもともと英語のreformに由来。今となっては最早独り歩きしてしまって別々の言葉に変化していますが、reformが「改善する」「是正する」「改める」といった、なにかしら良くない状態だったものを良い状態に修繕するという意味合いが強いように、日本語の「リフォーム」も、たとえば老朽化した建物を新築に近い状態に戻すといったニュアンスを持っています。

具体的にはクロスや床の張り替えといった部分的、表層的な改修工事、あるいは古くなった設備の取り替え、外壁の塗り替えなど。経年劣化した際や、マンションやアパートの場合は入居者が退去し、次の入居者のために原状回復する際などに行うことが多いでしょう。

イメージとしては、必ずしもリフォーム前の状態が悪いとは限らないので語弊があるかもしれませんが、マイナスの状態を0に振り戻すことがリフォームだと捉えて問題ないのではないでしょうか。

リノベーションとは

一方、リノベーションも英語のrenovationに由来しており、その意味は「刷新」「革新」「修復」など。もともとの意味だけを捉えようとするとリフォームとなんら変わりないように感じてしまうかもしれませんが、リノベーションもやはり日本では意味合いが独り歩きしている節があり(実際、英語で家を改装することを伝える際にはreformという言葉では通じないため、renovation、あるいはremodelという言葉が使われます)既存のものに変更を加えて、さらに「刷新」や「革新」といった言葉に見られるように「新しく」変化させることが主軸になります。

リフォームがマイナスの状態のものを0に戻す行為であれば、リノベーションはマイナスの状態、あるいは0の状態のものをプラスに振る行為といっていいかもしれません。つまり、新築時よりも住まいとしての性能を高める、住居にそれまでにはなかった付加価値を加える、といったことを指します。

たとえば大規模な工事によって間取りを変更する、オフィススペースを設ける、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行うなど。結婚や出産、離婚、親との同居、転職など、ライフスタイルの変化に応じて住環境を整えることをお望みであれば、それはリフォームではなくリノベーションといえそうです。

大規模な工事といえば、建物の内装を解体し、骨組みだけ残して全体的に間取りの変更を行うスケルトンリノベーションなど。特にマンションはファミリーを想定した間取りに設定されていることが多く、一人暮らしの方などは細かく区切られた個室をつなげて広々と利用したいというニーズを持つこともあるかもしれません。

住む人の暮らしや好みに合わせて、一から新しく作り替えるのがリノベーションなのです。

リノベーションの人気が高まっている理由

日本では「新築至上主義」ともいえる、新築の家こそが最も価値があり、そこに住めることがステータスであるという価値観が長らく重んじられる風潮にありました。そのため、かつてはいずれの建造物も30年ほどの周期で建て直すということが一般的に行われていたそうです。

現代においては、土地はもちろん、建築資材の価格高騰の波に煽られ、以前ほど新築物件を購入できる人自体が大きく減少してしまいました。そのため、新築よりも求めやすい価格帯の中古物件を購入し、リノベーション工事を施して、新築同様、あるいはそれ以上の価値を持たせて快適に暮らすという選択肢が広まるようになったのです。

また、新築ではなく中古物件を購入して自分好みにリノベーションすることのメリットはコストが抑えられるというだけではありません。

サスティナブル

かつては頻繁に建物の取り壊しと建て直しが行われていたということで、当然ながら多くの廃材が排出されるため、建設業界では環境問題が課題のひとつでもありました。その点、既存の建物を利用し、必要な部分はそのまま残して工事を行うリノベーションは新築を建て直すよりもエコだといえます。今後も持続可能な活動を指す「サスティナブル」の一環だといってもいいかもしれません。

多様なライフスタイルに適用

結婚する人、しない人、子どもを産む人、産まない人、あるいは恋愛関係にない相手とパートナーシップを結んだり、親元を離れずに一緒に暮らしたり、現代人のライフスタイルはとにかく多様です。

リモートワークや副業、フレックス制など、働き方の選択肢も増えたことで、日々生活していく中で、徐々に自分にとってよりよい暮らし方が変わっていくということもあるでしょう。リノベーションはその都度、自身や家族、パートナー、同居人のスタイルに合わせて住処を設計することができるので、いつでも柔軟に自分らしさを体現することができます。

リメイクとは?

ところで、リフォーム、リノベーションだけでなく住宅に関する話の中で「リメイク」という言葉も聞く機会があるかもしれません。リメイク(remake)の意味は、作り直すこと。もともとは映画界で使われていた言葉がファッションや音楽など、ほかの分野でも使われるようになり、現在はDIYにおいても、たとえばシールのように手軽に貼れる壁紙が「リメイクシート」という名称で販売されるなど、家まわりの事柄でも聞かれるようになりました。

とはいえ、リフォームやリノベーションとは一線を画しているのではないでしょうか。「リメイク」という言葉が、工事が必要になるような作業を指すことはあまりないように感じます。どちらかというと上の2つの言葉よりも「DIY」に近く、自分自身の手で切ったり貼ったりすることで好みのデザインにカスタムする、といったニュアンスが大きいでしょう。

リモートワークが広まる中、web会議の際に映る家の中をお洒落にしたいとアイデアをこらす方も増えたかもしれません。特別な道具を使わなくても手軽に試せるリメイクアイテムも多く販売されているので、興味のある方はまずそういったものから自身の部屋を理想に近づけてもいいですね。

ライフスタイルの変化に合わせて住まいづくりも柔軟に

成熟社会といわれて久しいですが、働き方やライフスタイルが変化し、多様的になる一方で、日本では家屋においては新築至上主義という考えが長く定着していました。先述のとおり、土地も建築資材も高騰していく時代に、「新しい」ということばかりを重視していて自身のマインドに合った住まいは見つけられるのでしょうか?

生活の基盤となる家は、好きな場所、好きなデザイン、そして暮らしやすい環境やレイアウトを重視して選ぶべきです。理想の家を尊重するのであれば、築年数よりもそういったシンプルな気持ちの部分を優先し、家族が増えたり、あるいは減ったり、働き方や趣味が変わったり、自身や同居人の変化に応じて都度住居も変化させていくというのが今後の時代に合ったライフスタイルプランになっていくかもしれません。

最初から完全な理想の家なんてなかなか手に入りにくいものです。さまざまな条件を鑑みた上で選ぼうとしている家、もしくはまさしく今暮らしている家はきっと「住めば都」。気になる部分があれば、リフォームやリノベーションという方法でアップデートして、どんどん自分らしくカスタムしていけばいいのです。

SHARE

ブログ一覧